Slide background

豊かな自然に感謝し、
持続可能な養殖にこだわる

ニュージーランドにおけるサーモンの養殖は、環境保全に最適な方法で動物性タンパク質の生産を行っています。

世界的にシーフードの需要が高まるなか、私たちはオーラキングキングサーモンの養殖において、地球環境やサーモン、そして消費者の健康を犠牲にすることなく、持続可能な形で生産することに重点をおいています。

政府や地元の専門機関、専門家と協力し、マールボロ・サウンズに最も適したサーモンの養殖のガイドラインを作ることに貢献しています。

また、キングサーモンはニュージーランドには自生していないため、天然サーモンの生態に影響を与えることなく、オーラキングキングサーモンを育てることができます。

Slide background

環境に配慮した
栄養バランスのよい餌

オーラキングキングサーモンは自然に恵まれた環境で、専門家が特別に配合した栄養バランスの優れた餌を食べて元気に育っています。餌料の原材料には遺伝子組み換えをせず、環境に配慮したものを選び、成長促進剤などの化学物質は使用していません。

また、ひと里離れた水の美しい場所で育てられるため、サケジラミやウイルス性出血性敗血症(VHS)、細菌性腎臓病といった病気とは無縁です。

Slide background

世界の専門機関が認める
優れた環境での養殖

オーラキングキングサーモンの品質は環境に影響されます。ニュージーランドキングサーモン社のサーモンは世界でも特に清らかな環境で育っています。当社は世界養殖連盟(GAA)のBAP養殖業最善慣行認証を取得しており、孵化の工程から養殖、加工まで全般においてその規格に適合しています。さらに、米国モントレー・ベイ水族館の消費者向けガイド、シーフード・ウォッチでは、ニュージーランド産キングサーモンが「ベストチョイス」に格付けされています。また、バンクーバー水族館の環境保全プログラム、オーシャン・ワイズでも持続可能な社会のための選択肢としてオーラキングが推奨されています。

当社は地元の環境を尊重し、将来を見据えて自然のバランスを崩さない持続可能な運営に尽力しています。独立機関の認証はいずれもそれを裏付けるものであり、環境保全から動物福祉、トレーサビリティ、スタッフの福利厚生にいたるまで、当社が真摯に取り組んでいる証といえます。

Slide background

豊かな自然に感謝し、
サスティナブルであること

ニュージーランドの水産養殖業界は、資源管理法(以下RMA)に基づき、厳しい検査体制が敷かれています。RMAは持続可能な方法で国内の資源を管理し、将来の環境に寄与する計画を国民に奨励するものです。 ニュージーランドキングサーモン社は「環境に責任をもつ持続可能な養殖」であることを事業方針として慎重に養殖場を選択してきました。当社の養殖場は、魚囲いを海底から離せる十分な水深があること、水質維持に適した水流に恵まれていること、風や波の影響を受けにくいこと、海水は冷たく安定した温度と適度な塩分を兼ね備えていること、他の養殖場とは十分な距離があることなどの基準を満たしています。

Slide background

親の種類までさかのぼれる
徹底したトレーサビリティ

ニュージーランドキングサーモン社は、全工程で一貫した監視と管理を行っています。キングサーモンの全個体が誕生から出荷まで記録され、監視されているため、どの製品もさかのぼって追跡することができます。オーラキングキングサーモンはタグで個体を識別しているので、親の種類まで調べることが可能です。