Slide background

オーラキングのストーリー

ニュージーランドキングサーモン社は、ニュージーランド南島北端部のマールボロ・サウンズでキングサーモンを養殖しています。私たちは当社独自のブリーディングプログラムと、ニュージーランドの恵まれた環境、こだわりの飼育方法によって、優れた特徴や特性を持つキングサーモンの生産に成功しました。養殖から加工、販売まで一貫して企業内で事業を展開し、マールボロ・サウンズの養殖場9カ所のほか、タカカを中心としたスモルト(海水に適応した稚魚)育成用の孵化場2施設と、専用加工処理場をネルソン市で運営しています。キングサーモンの養殖では世界一のシェアを誇り、生のキングサーモンの通年供給が可能なのは当社のみです。オーラキングはニュージーランドキングサーモン社が販売する最高グレードのキングサーモンのブランド名です。

Slide background

最高級の品質を生んだ
ブリーディングプログラム

キングサーモンはとてもデリケートなため、水の清らかな環境にしか生息しません。そのために、養殖はとても難しいとされており、世界の養殖鮭の1%以下という希少種です。ニュージーランドキングサーモン社は、「風味」「身の色」「脂のり」「胴回りの太さ」のより優れた血統を選び、20年以上も計画的にブリーディングを重ねてきました。独自のブリーディングプログラムとニュージーランドの恵まれた環境、こだわりの飼育方法の結果、優れた特徴や特性を持つキングサーモンの生産に成功しました。オーラキングキングサーモンの圧倒的な質の良さは、世界中のトップシェフたちからも称賛されています。

オーラキングキングサーモンの孵化場は、手つかずの自然が残るタカカのワイコロププ・スプリングスのそばにあります。毎秒約14,000リットルの湧き水が流れ込むワイコロププ・スプリングスは水平透明度が62メートルと測定されており、世界一きれいな水と言われています。水温は1年を通して約11.4℃のため、水質水温の安定した生育環境となっています。オーラキングキングサーモンの稚魚は約1年、ここで海水に適した体になるまで大切に育てられます。

その後、特別設計のタンカーでマールボロ・サウンズの入り江に運ばれ、水深と潮流のある海で成長していきますが、この過程は野生のキングサーモンの成長のプロセスとほぼ一致しています。

Slide background

魚にストレスを与えない
飼育法と水揚げ

マールボロ・サウンズの養殖場は、クイーン・シャーロット・サウンズとペローラス・サウンズの水上からしかアクセスできない入り江の奥にあります。クック海峡の深海から栄養分豊かな潮流が流れ込む恵まれた環境のもと、キングサーモンに適した水温で 生育しています。魚にストレスがかからないよう養殖密度は2%。迅速に魚を水揚げできる技術を採用し、活け締めにした後、4℃未満に急速冷却して特別設計のタンカーでネルソンの加工施設へ直行します。温度管理を徹底することで、一年中安定した品質のオーラキングキングサーモンが提供できます。

Slide background

厳しい検査にクリアした
徹底した品質管理

ニュージーランドキングサーモン社は、全工程で一貫した監視と管理を行っています。水揚げされたキングサーモンは養殖場から最新の設備が整った加工工場へ直接輸送されます。当社の加工施設はすべて、独立機関による審査を定期的に受け、HACCP(ハサップ)の品質基準を満たしています。

専門の等級鑑定士がキングサーモンの選別を行っています。サイズ、色、品質が規格を満たしているかどうか1尾ずつ確かめ、高品質の製品のみがオーラキングキングサーモンとして選別されます。

Slide background

The Ora King Experience